爵位欲した軍人たち

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月20日の中日新聞〔朝刊〕の15面【変革の源流】半藤一利さんと保坂正康さんの対談記事です。

一昨日は、半藤一利さんの「神話化した日露戦争」の一部を書きました。今日は保坂正康さんの【爵位欲した軍人たち】の一部を書きます。↓

『…。昭和50年代に日米開戦時の首相だった東条英機のことを調べました。昭和天皇の側近だった木戸幸一がまだ生きていて、取材を申し込みました。

 なぜ、東条や陸海軍の軍事指導者はあんなに戦争を一生懸命やったのか?と、書面で質問しました。

その答えの中に「彼らは華族になりたかった」とありました。

 

 満州事変の際の関東軍司令官の本庄繁は男爵になっています。東条たちは、あの戦争に勝つことで爵位が欲しかった。それが木戸の見方でした。

 当たっているなあの思いますね。 何万、何十万人が死のうが、天皇の名でやるので自分は逃げられる。明治のウソの戦史から始まったいいかげんな軍事システムは、昭和の時代に拡大解釈され、肥大化したのです。』 以上とあります。

 

天皇皇后両陛下をはじめとして訪日された外国の要人の方々は、東条英機が合祀されてから靖国神社に参拝されていません。しかし、天皇陛下バンザイをしたがる安倍晋三首相をはじめとする憲法改悪主義者・日本会議のメンバーは、何故…あれ程までして靖国神社に集団で参拝するのか理解できないのです。まさか…深層心理に´の考えがあるとは、思いたくもないのですが…?!

 国によって建設された「千鳥ヶ淵戦没者墓地」に何故、参拝しないのか…?!理解できないのです。

 


「神話」化した日露戦争

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月20日〔朝刊〕の15面【変革の源流】で近現代史に詳しい半藤一利氏とノンフィクション作家の保坂正康氏の対談記事です。

『「明るい明治×暗い昭和」という歴史観を持つ人が多い気がします。日露戦争を描いた司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」の影響もあるようです。生前の司馬さんと交流があった半藤さんはどう捉えていますか。……。司馬さんが「坂の上の雲」を書いた当時は、物語の海戦史しかなく、司馬さんはそれを資料として使うしかなかった。

 ところが、昭和天皇が亡くなる直前、皇室に献上されていた正しい戦史は国民に見てもらったほうがいいと、宮内庁から防衛庁に移管されたんです。

 私〔半藤氏〕はすぐ飛んで行って見せてもらいました。全然違うことが書いてある。日本海海戦で東郷平八郎がロシアのバルチック艦隊を迎え撃つ時に右手をあげたとか、微動だにしなかったとか、秋山真之の作戦どうりにバルチック艦隊が来たというのは大ウソでした。

 

 陸軍も同じです。203高地の作戦がいかにひどかったを隠し、乃木希典(のぎまれすけ)と参謀長を持ち上げるために白兵戦と突撃戦法でついに落とした、という美化した記録も残しました。

 日露戦争は国民を徴兵し、重税を課し、これ以上戦えないという厳しい状況下で、米国のルーズベルト大統領の仲介で、なんとか講和に結び付けたのが実情でした。……』以上とあります。

 

私が、日露戦争において乃木将軍や203高地作戦が、実際とは全く違う内容で伝えられているのではないか…?!と、分かったのは法政大学の図書館で書物を読んだ時だったのでは…?!とかすかに覚えています。

「日本の脚気史」(インターネットから検索)でも、日露戦争(203高地作戦)での戦死者数の多くが、脚気で亡くなっているのです。

 いつの時代でも「死を美化しようとする権力者」は、危険な存在です。

 

何故、東条英機や軍事指導者は、戦争を一生懸命やったのか…?について、保坂氏が天皇の側近だった木戸幸一から聞き出した言葉も記載されています。

 

変革の源流】は、今日(21日)の朝刊にも掲載されています。


[文民統制] 危機

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月18日の中日新聞〔朝刊〕の3面です。

福田財務次官のセクハラ・パワハラに関し、女性記者が上司に相談したが、取り上げなかったテレビ朝日の問題…福田次官のセクハラ・パワハラは時代錯誤・女性蔑視も甚だしく、許すことのできない問題ですが、女性記者から相談された上司が「取り上げるのは難しい…」と記者の訴えを取り下げてしまった上司・テレビ朝日の意識・対応にも大いに問題があると思っています。

 

私自身は、福田次官のセクハラ・パワハラ問題は重要だとの認識です。それと同時に…それ以上に重要だと思うのは、自衛隊員…それも三佐…戦前ならば青年将校クラスに当たる自衛隊員が、国民から選ばれた国会議員に対し「お前は国民の敵だ!」との発言は、戦前の帝国軍隊時代の認識と変わっていない隊員がいる…それも、エリートコースを走っている自衛隊員から発せられた言葉であること自体に不気味さを感じます。

 

 4月19日の【中日春秋】にもこの問題が記載されています。↓

『▶…。航空自衛官の「お前は国民の敵だ!」との言葉は、残念ながら真実のようだ。

 

▶統合幕僚監部に所属する30代の三等空佐だという。 立派な幹部が自衛隊の日報問題を追及する国会議員に罵声を浴びせ続けた。

 

▶どうしても、戦前の青年将校らによるテロ事件を思い起こしてしまう。 5・15事件では「話せば分かる」の犬養毅首相が、問答無用と殺害された。 事件に加わった海軍中尉の三上卓が書いたビラには〔国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ〕とあった。

 

▶今回の航空自衛官はクーデターなど考えているわけではないだろう。 だが、「国民の敵」の言葉と発想には寒気がする。共鳴する者はいないのか。 文民統制を揺るがす土壌が存在するのか。

 

▶「大変まじめ」な人物だそうだ。 暴言が真意でもあるようで、残念が増す。

 以上とあります。

 

 さらに心配なのは、4月19日の中日新聞の社説に⇒『…。小野寺防衛相は「若い隊員なのでさまざまな思いがあり、国民の一人として当然おもうことはある。』と記されている小野寺防衛相の発言です。

私自身この発言のシーンをテレビで見た時、防衛大臣である人のコメントにしては「怖ろしさ」を感じました。〔もちろん、自衛官にも思想・信条の自由はあるのですが…〕このような暴挙を理解するような小野寺防衛相の発言…。このような認識の人たち…自民党安倍晋三内閣が、改憲を目指している現実に怖ろしさを感じるのです。

 


象徴考「天皇×安倍晋三政権」

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、2017年6月21日の中日新聞〔朝刊〕の2面記事。【象徴考】です。

宮内庁と官邸 溝深く

『「私はなぜこの式典に出ることになったのか…

2013年4月28日、前年末に発足したばかりの第二次安倍晋三政権の下で初めて開かれた「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」。

 安倍晋三首相や国会議員らから「天皇陛下、万歳」の唱和で見送られた陛下は「不満げな表情」(皇室関係者)で側近に漏らされた。

 

 4月28日は、サンフランシスコ講和条約が1952年に発効し、日本が独立を果たした日。 だが、1972年の本土復帰まで米軍施政下に置かれた沖縄にとっては「屈辱の日」でもある。

「沖縄の苦難に心を寄せてきた陛下を行かせるべきではない」。宮内庁内に反対もあった。幹部は「官邸に押し切られた。陛下のひと言は政権への不信感の表れだ」と振り返る。……。

 

 昨年8月の陛下の「お気持ち」表明。文案をチェックする官邸への不信感が強い宮内庁は当初、陛下が自由に発言できる生中継を主張した。結局、録画に落ち着いたが、両者の溝は深まった。

 

 退位を巡る政府の会議で、「首相枠」とされた保守系の一部専門家は「天皇は祈っているだけでよい」と強調し、「活動あっての象徴」という考えの陛下の信条を否定した。「陛下は心を痛めた」(宮内庁幹部)という。

 

 しかし、今年5月下旬、陛下に近い関係者は「上出来だ」と語り、安倍晋三首相らを皮肉った。

「天皇陛下万歳を唱えた人たちが、陛下を≪お飾り≫としか思っていないことを、一連の議論で国民が知った意義は大きい。馬脚を現した」。…。以上とあります。

 

天皇皇后両陛下は、皇太子時代を含めて、11回も沖縄に慰霊の訪問をされていたり、お体がすぐれないなか、パラオにも慰霊の訪問をされています。

 沖縄の歴史・文化にも非常に詳しい両陛下です。以前、ドキュメンタリー番組で観たことがあるのですが、陛下の書棚には、沖縄の苦難の歴史を含め、戦争と平和に関する書物が何十冊とあるのには(映像でスーッと流しただけですが)ビックリしました。

 また、沖縄戦で親・兄弟を亡くされた女性が、皇太子時代に沖縄に来られた時には、「憎んで?」いたが、何度も沖縄に慰霊の訪問をされるにつれ、「憎しみも薄れ、尊敬の念?に変わっていった…」との内容を述べられていました。

 

私自身が集うキリスト教会の以前の牧師が沖縄出身であったことを含め、読谷村・集団自決事件ガマ・沖縄陸軍病院跡南風原ガマの見学(入口付近まで)等に慰霊の訪問をしたりして沖縄の歴史には自分なりに理解をしているつもりですが…。

 天皇皇后両陛下の沖縄への思い・行動には、頭が下がります。

 

安倍晋三政権…今マスコミを賑わしている官僚の方々も、天皇陛下の平和への思いを少しでも知り・理解し・納得して頂きたいと願っています。

 また、私いいつも思っていることですが…。天皇皇后両陛下のように、沖縄に11回も慰霊の訪問をされたり、歴史・文化にも造詣の深い政治家は、国会・地方議員を含め、全国で何人いるのかと…?

 多分、ゼロ人では…?!と思っています。


議長だけど首相「影響ない」??

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月14日、中日新聞〔朝刊〕2面記事です。

見出しには、【議長だけど首相「影響ない」】ですが、【いるだけで、大きな影響】と言い換えるべきでは…?!

『…。諮問会議の議長は首相が務める。メンバー9人の内4人は閣僚、5人は民有識者で構成。区域会議の進行役は、今治市が特区申請する前に同市や加計学園の担当者と、面会したとされる藤原豊・地方創生推進室次長(当時)が担当していた。』以上とあります。

 

桑名市と多度・長島町が合併した当時、多度町内5つの小学校の統廃合問題〔小山に建設したい…?!〕が、旧多度町で大きな課題になっていて、桑名市に引き継がれました。

 小山の土地が抱える問題は、当時の新聞にも大きく報道されていましたので、土地自体が抱える問題 教育問題を含め統廃合に至る経緯の議論内容の2点から、その問題点を知りたいと考え開示請求しました。

 ビックリしたのは、A4版150枚の内、土地自体が抱える問題点の議論はゼロ、教育的観点からの議論はわずか30枚あるかないか?でした。

 

 小山の土地を桑名市が引き継ぎことになったため、委員会(公社)で議題に上がりましたが、小山自体の土地の形状も誰一人分かっていない状況、教育的観点からの議論内容も知らない議員の委員会で、その問題点を言及したのは、私だけでした。

 普段、革新的・改革的意見を言っていると思われている議員も、あっさりと土地を桑名市が引き継ぐ議題に賛成でした。賛成するだけでなく、問題点を言及する私に「ヤジ」を飛ばして私の発言を押さえよとする場面もありました。

 

最近の出来事では、桑名駅東西を結ぶ自由通路問題で、以前、議会に報告されて議決された金額より、桑名市負担分(市民の血税負担分)が、21億7千万円も増えることになってしまったのです。

 議員全員出席する「全員協議会」の場で、21億7千万円も桑名市負担分(市民の血税)が増えてしまう説明があったのですが、A4版5枚(文字数にして約100文字+写真のみ)の資料が配布され、説明時間は5分もなかったのです。

 しかし、その問題点を言及したのは、私を含めて2人の議員だけでした。

さらに、3月の本議会で、21億7千万円の増額問題に言及したのは、私を含めて2人の議員だけでした。

 

市民の方々からの税金・血税で活動させて頂いている議員ですら、現実はこのような状況もあるのですから、…諮問会議・有識者会議…の状況は、言うに及ばず…?!

 与党×野党の国会でも、二元代表制の地方議会でも中身は同じような状況だと思っています。

 


加計「首相案件」

FullSizeRender.jpg

 上→中日新聞。下→朝日新聞。両紙とも4月10日の一面トップ記事です。

朝日新聞の【面会記録に首相案件」】【加計巡り首相秘書官】【愛媛県文書に記載】の見出しで《獣医学部新設を巡り、愛媛県が作成したとされる記録文書》には、↓

柳瀬首相秘書官の主な発言〈総理官邸 15:00〉」の見出しで以下の文章が

・本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい。

      ……

・いづれにしても、自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件。

      ……

・文科省についても、いい大学をつくるのであれば、反対しないはず。

・獣医師会には、直接対決を避けるよう、既存の獣医大学との差別化を図った特徴を出すことや卒業の見通しなどを明らかにするとともに、自治体等が熱意を見せて仕方がないと思わせるようにするのがいい。

 以上とあります。

 

以上の文章を読み取る限りでは、愛媛県今治市に獣医学部を新設するために、首相官邸から自治体へに指導が行われていた…?!と思われます。

 すなわち、安倍晋三首相と加計理事長との建設についての話があり、それを首相官邸を通じて、自治体のやる気度のアップを図り、それを国家戦略特区にアップする…?!という構図が見えてきます。

 

ゴミ偽装:森友学園問題は、首相夫人・昭恵氏を挟んでの問題ですが、加計学園問題は「首相加計理事長」が直で結びついている問題で、森友学園問題に比べ、より重大です。

 

防衛省の日報隠蔽問題には、小野寺防衛大臣ですら「…陸上自衛隊の場合は隠していた。許せる内容ではない」「シビリアンコントロールに関わりかねない重大な問題だ」と再三発言している重大問題で、憲法そのものに関わる重大問題です。

 

日本国憲法に憲法違反している安倍晋三政権が、憲法改正(改悪)を言うのは、正に「盗人猛々しい」限りです。

 

今、テレビを見ていましたら、森友学園問題で、今から1年前、野党の追及に対し答弁する財務省の佐川氏に、安倍晋三首相はもっと、強気で行けとのメモを渡していた…との報道がありました

 


おやさいクレヨン

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月7日中日新聞〔夕刊〕2面記事です。

おやさいクレヨン自然産】《名古屋の工場 安心手作り

『…。規格外や廃棄寸前の国産野菜を使った「おやさいクレヨン」。材料のすべてが口に入れても安全なもので、創業65年の老舗クレヨン工場「東一文具工業所」(名古屋市港区)の職人が手作りしている。

 

 考案は、青森県のデザイン会社:mizuiro(ミズイロ):代表の木村尚子さん。働きながら育児と家事をこなす中、料理で使う野菜の美しい色に目が留まった。素材を探しに行った農家で、商品にならない大量の野菜に衝撃を受けた。

 

 開発を依頼された東一文具は、機械化せず手作業を貫く。「子どもが安心して使えることにこだわった」と職人の水谷和幸さん(36)。一般的なクレヨンが石油系のロウで作られるところ、米ぬかのロウを使う。蒸気熱釜で温め、野菜の粉末と食品に使うのと同じ成分の顔料を加えて手で混ぜる。……。』以上とあります。

 

この記事を見た時、心が暖まると同時に、起業する思考の原点を見た感じです。何と言ってもクレヨン・クレヨンです。今の時代、起業…とか、新しい発想…会議の席…には、必ずと言っていいくらい、パソコンの画面が出てきます。

 私のようなアナログ人間にとって、「野菜とクレヨンの組み合わせ、さらに36歳の青年が手作業でクレヨンを作っている写真(右上)、さらに1セット2千円(税別)とやや高いが、発売から4年で10万セットを売り上げた…を見て感激の記事です。

 

新聞…特に夕刊には、このような記事が掲載されます。最近の若者〔議員を含み〕は、新聞を読んでいない方々も多いようです。

新聞ほど安くて、自分にとっては想定外の情報が入って来る読み物はないと思っています。私など、大学受験から始まって、議会での質問事項など新聞が基礎になっています。


憲法改正(改悪)議論より、やるべき事が!

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月6日中日新聞〔夕刊〕の一面トップ記事です。

空自もイラク日報保管】【防衛相文民統制 重大問題」】

『…。小野寺氏は「(防衛省の日報に関する)調査の結果次第では、防衛省・自衛隊にとってシビリアンコントロール(文民統制)に関わりかねない重大な問題。』と危機感を示した。 以上とあります。

 

我が国では、中国での関東軍の暴走や第二次大戦を含め、軍部の暴走から始まった戦争の反省から、戦後はシビリアンコントロール:主体は、立法府(国会・議会)すなわち軍事・防衛に関しては国民が統治・決定することが、世界の民主主義国家と同じように最も基本的常識となったのです。

 シビリアンコントロール〔文民統制〕が、効かなくことは、即ち、民主主義国家ではなくなり、北朝鮮・中国・ロシアのように、独裁国家・軍事国家になるということなのです。

 

民主主義の最も基本中の基本の行政文書…その行政文書の改ざんを行うことは、時の権力者が、国民の知る権利を奪い独裁国家・軍事国家を目指すと同じことです。

 

安倍晋三政権になってからの森友問題〔財務省〕や今回の防衛省の文書隠蔽(いんぺい)問題を見てみると、安倍政権は軍部独裁政治を目指しているのでは…?!と思いたくなるような言動が続いています。

 稲田氏を防衛大臣に選んだ時、稲田氏にシビリアンコントロール能力があると思った国民は、ごくごく少数だったのでは…?!と思っています。

 お友達感覚で、防衛大臣を選んだ安倍晋三首相は、退陣すべきです!

 

大正デモクラシーから暗黒の戦前・戦中:中国での関東軍の暴走・侵略、そして太平洋戦争へと進んだ歴史⇒国民の意識の変化・マスコミの報道の変化…等々を振り返ってみると、今まだ傷口が小さな時に、昭和・平成デモクラシーを市民・国民の手に取り戻すことが必要だと思っています


偏向番組はびこる恐れ

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月3日の中日新聞〔朝刊〕の特報 話題の発掘/ニュースの追跡からです。

同日の社説でも放送法改正論テレビへの政治介入だとの記事が掲載されています。↓

『…。安倍晋三内閣は「政治的中立性」を振りかざし放送局に圧力をかけてきた。今度はその言葉を取り払うという。政権に都合がいい見通しがあるからに違いない。

 でも、忘れていないか。放送法の第一条の目的は「健全な民主主義の発達である」。真実のニュースを国民が知らないと、正しい意見を持てず、真の民主主義も発達しないのだ。』以上とあります。

 

私自身、この記事を読んだ時には…、元々安倍晋三政権は、高市総務大臣の「放送法発言」でもわかるように、「政治的中立性」を武器に、テレビ局への圧力を加えてきたのに…何故、今になって…?!と思いました。 でも、記事を読んで行くと分かってきました。

 

 【安倍政権方針の放送制度改革】【偏向番組はびこる恐れ】【放送法なくしてネット通信へ統合

『…。(安倍晋三首相は)自らに都合の良かった規定を、何故撤廃しようとするのか。 民法幹部は「森友、加計学園問題の報道にいら立ち、政府の意向を代弁する放送局をつくりたいのでは」と口をそろえる。

 安倍首相は昨年の衆議院選挙直前、ネット動画配信サービスの「AbemaTV」に出演、放送法に縛られず持論を展開できるネット世界を体験した。

 

 しかし、既に同様の規定を撤廃した米国では、放送局の党派色が強まり、社会の分断を助長した。ネットの普及により、個人が興味のある情報にしか接しない傾向が進む日本でも、分断が深まる恐れがある。

 フェイクニュースやヘイトスピーチが氾濫する可能性がある。…。』以上とあります。

 

アメリカでは分断が進んだ…とあります。しかし、日本では…「長い物には巻かれろ」&「泣く子と地頭には勝てぬ」…等の諺がある日本では、権力者の「思うつぼ」にはまってしまうこと…大正デモクラシー時代から一転して、暗黒の世界:戦争に向かってしまった戦前を思い出してしまうのです。

 

政治の世界「与党×野党」の国会ですら…「二元代表制」の地方議会でも…主人公の市民・国民の側に立つより、権力者〔総理大臣&県知事&市長…〕の傍に寄り添っていく議員が多いと思われるのです。

 

以前、私が新聞記事を題材にして「ヘイトスピーチに批判的な意見」を書きました。すると、翌日の朝の数時間に、2千数百のアクセスがあったのです。(私のブログへのアクセスは普段は数十〜二百数十件ぐらいです)

 私のブログへの攻撃…?!ではと思っています。

このことの体験からでもありますが…ネットの世界では、(適切な言葉が見つかりませんので…)いわゆる極右・右派的な意見が多いのでは…?! だから、安倍首相もネット重視に考えを変えたのか…?!と思っています。

 一方では、ネットは個人の意見を多くの人たちに知っていただけるツールでもあると思っています


4、証人喚問「新聞で検証」

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、3月28日の中日新聞〔朝刊〕の6面記事です。

この記事の左側には、《証人喚問詳報》の記事が掲載されています。

右には、【幕引き狙い許せない」】写真入りで《国会周辺で抗議集会》の記事。

『…。鎌田慧氏の「すべて証言拒否。こんなに日本の民主主義をバカにしたことはない。」…。』

 

右中には、写真入りで《補佐人 元検事の熊田氏》《政治家関与の事件弁護担当》との見出しで

『…。2014年に弁護士に転身し、小渕優子元経済産業相の関連を政治団体を巡る政治資金規正法違反事件では、小渕氏の元秘書(有罪判決)の主任弁護士に。 甘利明元経済再生担当相の現金授受疑惑や、日本歯科医師連盟の迂回献金事件など政治家の関与が取り沙汰された事案の弁護も担った。』以上の記事が掲載。

 

この記事を読んでいて、「裁判も金次第…?!」と思ってしまいました。

 

公文書偽造事件は、直接私たちの生活に影響しないのでは…?!と思われている方もおられるのでは…?!と思っています。

私が一番心配しているのは、第二次大戦時の「大本営発表」です。例えば、1942年のミッドウェー海戦での実際の日本軍の損害は「航空母艦4隻喪失、重巡洋艦1隻喪失、重巡洋艦1隻大破、駆逐艦1隻大破、飛行機289機喪失…」でありましたが、大本営発表では、日本軍の損害は「航空母艦1隻喪失、航空母艦1隻大破、巡洋艦1隻大破、未帰還機35機」と報道しているのです。(数字は、ウィキペディア 大本営発表から) アメリカ軍の損害も実際よりも過大に報道しているのです。

 

 さらに、1943年のガダルカナル島の戦闘では「撤退」を「転進」と発表したり、日本軍の死者数を少なく、アメリカ軍の戦死者を過大に発表して、国民を鼓舞したのです。

 

日本の報道の自由度は、世界180か国中の72位と先進諸国では最低のランクなのです。

公文書偽造問題は、直接的には、日常の生活に関係がないように思われますが、気が付いた時には「後の祭り」になることを心配しています。

 

私には、安倍晋三政権による「公文書偽造事件」が、「憲法改悪」&「大本営発表」と結びついてしまうのではないか…?!と心配しているのですが、心配のしすぎでしょうか…?!



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM