オリンピックの陰で…?!

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、2月19日中日新聞〔朝刊〕左→3面。右→2面記事。

 大きなイベントがあると、日本のマスコミは、どの会社も一斉に同じような報道をする傾向にあるようです。しかし、日本…世界の人々は、その陰で命がけの人生を送っている人々もおられる現実もあるのです。

 また、グローバル…グローバル化が必要という風潮があります。私自身も、その考えにはある程度賛成もできるのですが、左の記事のように、IS×シリア軍による死者・被害者が大勢いることには、報道のグローバリズムが浸透していないようです。

私のブログで何度も書きましたが、スンニ派のISが出来てしまった背景には、小泉政権の影響も少なからずあるのです。

そういった意味では、私たち日本人もこのような問題に無関心・他人ごとではおれないのです。

河野外務大臣もアメリカ追随の核兵器外交にこだわるのではなく、日本国憲法に基づいた日本としての関わりをもっと持つべきです!!

 

IS元首都 シリア・ラッカ街壊滅 見えぬ希望】【爆弾のそば 子どもら生活

『…。過激派組織イスラム国・ISが首都と称したシリア北部ラッカ。ISが仕掛けた爆弾のすぐ近くで、子どもたちがくず鉄をあさっている。恐怖支配と空爆、地上戦を生き延びた住民は今、危険と隣り合わせで生活再建に必死。だが、シリア安定化は遠く、支援も届かない。…。』

 

『…。爆弾の総数は数万とも数十万ともされ、国連によると毎週約50人が爆弾で死傷。それでも市民らは危険を承知で、スコップや素手でガレキを片付ける。…。』

 

『…。ラッカ市民評議会などによると、2014以降のIS支配下で、市民約700人が処刑され、3千3百人が行方不明に。米軍やロシア軍などがISを狙った空爆や砲撃の巻き添えで、計約2千人の市民も死亡した。』

 

近代戦になればなるほど、戦闘・戦争で巻き添えになり死傷するのは、一般市民が多くなるのです。

 

政府北の脅威二枚舌】【衆議院選挙時危機的な状況×裁判では「衝突想定できず」】

2017年

 安倍晋三首相発言→今年暮れから来年にかけて選挙をする状況ではなくなる。

 小野寺防衛大臣発言→今年暮れから来年は日本が戦後経験したことのない安全保障の厳しい局面になる(選挙応援演説で)

 

しかし、法務省:11月27日、訴訟の準備書面では→当面、将来的に存立危機事態が発生することを具体的に想定しうる状況にはない、とある。

 

立憲民主党の枝野代表の発言一方で、すぐにもミサイルが飛んで来そうな危機的状況にあることをあおりながら、一方では具体的な危険はないと堂々と主張している。二枚舌ではないかとありますが、私自身も全くその通りだと思います。

 

誰かの発言ですが…?! 北のお陰で、助かった…?!よくもヌケヌケと言えたものだと怒り心頭です!!

 

安倍晋三政権は「危機的状況にある」とあおるマスコミが報道国民が不安になる国民の関心が高くなるマスコミは報道する国民はますます不安になる安倍晋三政権の思うつぼ…?!

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM