新聞から

FullSizeRender.jpg

上記の新聞は、3月13日〔朝刊〕左から中日・朝日・毎日新聞の一面記事です。

 昨日の新聞記事は、一面はもちろん、多くの紙面が森友学園問題で占められています。この数日は、NHKでも森友問題が、少しだけ掘り下げられて取り上げられるようになりました。

この時期になっても、掘り下げて報道しないとなれば、多くの国民から見放されてしまう…?!と思ったのでしょうか。

 

 朝日新聞の35面(通称3面記事)には、《改ざん うねる怒り》とのタイトルで、「首相官邸前で抗議の声を上げる人たち」の見出しの大きな写真が掲載されています。さらに、14・15面全てで《改ざんされた文書》との見出しで「改ざん前×改ざん後」の文書が全て比較されて掲載されています。資料としても保存しておきます。

 新聞は、一過性のテレビ・ラジオと違い、資料として保存できます。

 

 公文書〔一度、印鑑が押された文書〕を手直しすることは、いかなる理由があるにせよ、改ざんにあたり、公文書偽造罪にあたる犯罪です。

 

 公文書が改ざんされたら、市民・国民は、一体何を信用できるのでしょうか…?! 公文書は、最も基本的なデータです。公文書書き換え行為→偽造は民主主義の根幹を覆す行為です。

 

 安倍晋三自民党政権は、多くの憲法学者が憲法違反と判断される集団的自衛権行使のための安保法…等も、数の力で行ってしまう政権国民も支持することに理解できないのと同時に怒りを覚えるのです。

 

裁量労働制も1.045万円以上の所得の労働者に限定、労使で話し合い納得した場合に限るとなっていますが、一度法律で決まってしまえば、500万円に下げられることも危惧されるのです。また、話し合いで納得した場合に限ると言いますが、実際に拒否できるでしょうか…?!

 

多くの憲法学者は違憲では…?!と言っている集団的自衛権行使のために安保法も数の力で押し切ってしまう安倍政権…。一旦、自衛隊を憲法で認めてしまえば、外国で殺されたり・殺さねばならない事態になってしまうのです。それが、法律であり憲法なのです。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM