夕歩道から「佐川氏切り捨てのためとは…?!」

テレビのニュースで、自民党の西田議員が、財務省への怒りの発言をしていました。私自身、自民党でもキチンと対応する議員もいるのだ…?!と感じる一方、異様に怒っているので、何かコンタンでもあるのか…?!と感じました。やっぱりコンタンがあったのです。

 3月15日の中日新聞の【夕歩道】に書いてあります。↓

 

 自民党の西田昌司氏が昨日の参議院予算委員会で怒鳴っていた。「まさに財務省による財務省のための情報操作なんだよ、これは!」。

 政府、与党一体で「知らぬ間に官僚がやった」の大合唱と見える。

 

 適材適所か人身御供か知らないが、手のひらを返して佐川カードを切る。この日のために温存してきたか。かくも冷酷で非常な権力に、もはや忖度する必要はない。佐川さん、洗いざらい話すべし。

 

 昭恵夫人の名とともに、改ざん文書では伏せられた保守系団体の日本会議が「疑惑の目を向けられるいわれはない」と。では、官僚は何故、何を忖度して削除したのだろう。気になるところである。

  以上とあります。

 

今日の朝のテレビニュースで、加計学園でも、市民団体が異なる日に開示請求した文書に大きな違いがある⇔「改ざん」があるということで、告訴するとの報道がありました。

 

佐川氏も麻生大臣・安倍内閣から切られてしまいました。もう誰にも忖度する必要はなくなりました。証人喚問で、事実を語ってください。

 

私自身、これまでに桑名市に対して、多くの開示請求(土地取引を巡る問題。入札談合を巡る問題…等々)を行ってきましたが、メモ用紙も提出され、ましてや内容の「改ざん」と思える文書は一件もありませんでした。

 

今回の森友学園・加計学園の改ざん事件問題は、国家的犯罪行為ではないのか…?!と思っています。公文書が改ざんされたら、市民・国民の知る権利・民主主義は破綻してしまいます。

 

北朝鮮の金正恩体制、中国の習近平体制、ロシアのプーチン体制を批判していますが、我が国の報道の自由度は先進諸国の中では最低で、韓国よりも低い現実があるのです。

 気づかぬ間に、ヒタヒタと上記の3国の体制に近づいて行ってしまうのではないか…?!と心配しています。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM