政治家(屋)+文科省が圧力

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、3月21日の中日新聞〔朝刊〕の31面記事です

前川氏授業照会 池田議員雲隠れ】【安倍チルドレン 教育に強い関心

写真は、2017年10月の衆議院選挙で、応援に駆け付けた安倍晋三首相と池田氏とあります。

 私が言うまでもなく、この記事は「政治家+文科省」による文科省の前事務次官の前川氏が名古屋市立八王子中学校の授業で講演したことに対する内容の報告〔現実的には、教育の独立性への圧力〕を求めたとする記事です。

 この事案に対する内容は、多くの報道機関で報道されていますから、私自身が述べるまでもないことです。

 

 私が訴えたかったのは以下の点からです。↓

もし、この事案が、桑名市の中学校であったなら、中学校の校長+教育長+市長は、どのような態度を取ったか…?ということ。

 

この記事にも報道されていますが、文科省に圧力をかけたのは安倍チルドレンの池田議員です。

 

フェースブックから知り得た情報ですが、東京都では小池百合子知事が都条例〔都迷惑防止条例の改悪集会・デモ、署名での訪問、労組の宣伝、路上でのチラシの配布…等々への規制〕の改悪を狙った条例化を考えているそうです。

 

2007年(H19年)に策定された「桑名市国民保護計画」〔小泉内閣の時に全国の自治体で策定されたと思われます。一口に言うと、北朝鮮から核弾道ミサイルで攻撃されたら、どこに逃げるか?というものです。

 桑名市議会では、私だけが、核で攻撃されたらどこに逃げようと同じ。戦争が起きないようにするのが国会議員の役割。何故、そのような書類作成のために、何千万もかける必要があるのか…?!と発言し、議会だよりにも書き、市民の方々に報告しました〕

 

一つ一つを見ると、別の問題と思われますが、大きな動きの中の動きと思われるのです。集団的自衛権行使のための安保法、憲法改悪徴兵制…等々とつながっているように思えてならないのです。

 

この文章を書いていて、フッと思ったのですが…中学校に問い合わせた池田・赤池両議員は、どれほどの「聖人君子」なのでしょうか…?!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM