3、証人喚問「新聞で検証」

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、中日新聞〔朝刊〕3月28日の特報話題の発掘/ニュースの追跡佐川氏動揺 誰の質問?】《証人喚問 識者が採点》からです。

 

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏、お笑い芸人集団「大川興行」総裁の大川豊氏、専修大学の岡田憲治教授、政治評論家の森田実氏、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏、ジャーナリストの青木理氏の方々が五つを最高点に、証人喚問した議員の評価をしています。

 

 問内容が良かったからが多いのは当たり前ですが、それ以上に違う観点から採点されていることです。

例えば、政治ジャーナリストの鈴木氏は、一番最初に質問した自民党の丸山珠代氏に3つをつけたのでした。

 その理由は『…。安倍首相や昭恵夫人の時だけ念押しするように「指示はありませんでしたね」と尋ねた。しかし、官房長官などその他の場合は「指示はありましたか」と聞いた。

「丸山氏は元アナウンサーで、言葉の使い方にかなり意識が回る人。明らかに自民を向いた聞き方で、その姿勢が見て取れた」と指摘した。

 

 特に印象的だったのは締めの言葉だという。

丸山氏は「少なくとも総理、総理夫人、官邸の関与はなかった証言を得られた」と締めくくり質問を終了。

議場にいた他の委員からは失笑が漏れた。鈴木氏は「あの一言で最初から総理を守りたかったのね、とみんな思っただろう」と語る』 以上とあります。

 

私自身も、丸山氏の質問を市議会議員の控室で見ていて同じような思いを持ちました。

 

時々私自身言っていることですが…。国会議員の言動はマスコミに取り上げられることがあり、国民も知り得ることができますが、市議会議員のような地方議員の言動はほとんど報道されません。

 市民の方々は、議員の羊頭狗肉的言動…?!や議員の役所内での言動×地元での言動の違い…?!を知る術はほとんどないのが現状だと思っています。

 

私は、私自身の政治信条はブログやフェースブックで、議員としての政策活動については、紙媒体・年4回の「伊藤研司の議会だより」で報告させて頂いています。まだまだ、十分とは言えませんが…!



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM