爵位欲した軍人たち

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、4月20日の中日新聞〔朝刊〕の15面【変革の源流】半藤一利さんと保坂正康さんの対談記事です。

一昨日は、半藤一利さんの「神話化した日露戦争」の一部を書きました。今日は保坂正康さんの【爵位欲した軍人たち】の一部を書きます。↓

『…。昭和50年代に日米開戦時の首相だった東条英機のことを調べました。昭和天皇の側近だった木戸幸一がまだ生きていて、取材を申し込みました。

 なぜ、東条や陸海軍の軍事指導者はあんなに戦争を一生懸命やったのか?と、書面で質問しました。

その答えの中に「彼らは華族になりたかった」とありました。

 

 満州事変の際の関東軍司令官の本庄繁は男爵になっています。東条たちは、あの戦争に勝つことで爵位が欲しかった。それが木戸の見方でした。

 当たっているなあの思いますね。 何万、何十万人が死のうが、天皇の名でやるので自分は逃げられる。明治のウソの戦史から始まったいいかげんな軍事システムは、昭和の時代に拡大解釈され、肥大化したのです。』 以上とあります。

 

天皇皇后両陛下をはじめとして訪日された外国の要人の方々は、東条英機が合祀されてから靖国神社に参拝されていません。しかし、天皇陛下バンザイをしたがる安倍晋三首相をはじめとする憲法改悪主義者・日本会議のメンバーは、何故…あれ程までして靖国神社に集団で参拝するのか理解できないのです。まさか…深層心理に´の考えがあるとは、思いたくもないのですが…?!

 国によって建設された「千鳥ヶ淵戦没者墓地」に何故、参拝しないのか…?!理解できないのです。

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM