改憲案 元首に逆戻り

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、5月4日中日新聞の9面≪Culture≫《変革の源流》で、私の好きな半藤一利さんと保坂正康さんの対談が連載さが始まっています。

半藤一利さんと保坂正康さんの対談は、5月1日の毎日新聞でも掲載されています。

 

【「象徴形づくり退位】半藤一利氏  【「改憲案元首に逆戻り】保坂正康氏 このテーマでの対談記事が掲載されています。

半藤一利氏のコメントの一部〙⇒現在の天皇陛下は、かなり歴史を勉強されている方ですから、軍事国家の大元帥、ならびに天皇というのは、どうにでも使われちゃうから危険だ、というこは分かっていると思います。

 

保坂氏のコメントの一部〙⇒自民党の改憲草案は、天皇を元首と位置付けています。天皇自身の意思を考えず、政治家の都合のいいように扱っていいのか。山県有朋や伊藤博文がやった明治憲法と同じじゃないかと指摘できます。

 「意思なんか持つな、存在するだけで良い」というなら、それはそれで論理は成り立つけど、天皇陛下はそれは嫌だ」と2016年8月のビデオメッセージで明かしたわけだから、根本にあるものは黙視できる問題ではありません。以上とあります。

 

天皇陛下が、日本人として忘れてはならないと記者会見で表明した日8月6日の広島原爆の日 8月9日の長崎原爆のの日 8月15日の終戦(敗戦)記念日 6月23日の沖縄終戦の日の4つの日です。

 さらに、8月22日の学童疎開船・対馬丸沈没の日も含まれているようです。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM