DAYS JAPANを見ると…!

FullSizeRender.jpg

 左上→18歳の娘が焼身自殺をし、悲しみに暮れる母親。社会的に女性が下位とされるアフガニスタンでは、女性の焼身自殺が増加している。

 右上→米英軍は大量のクラスター爆弾をイラク南部の都市・バクラに投下した。犠牲者は圧倒的にこの少女のように一般市民だった。〔父親に抱かれている少女の両足は吹き飛ばされて、バラバラに切断されています〕

 左下→トルコからギリシャ領レスボス島に到着する難民。〔冊子の中の写真は、悲惨な状況!!〕

 右下→空爆後、ガレキに埋もれていた赤ん坊を助ける男性。シリア。 以上の説明。

 

私は、この冊子を見る時には、神に祈りを捧げてからでないと、開けることができません。冊子の中の写真・文章は、本当に悲惨です。これが、差別・虐殺・戦争…の実態と思っています。

 

昨日の新聞〜今日の新聞は、新潟女児殺人事件、鈴鹿で25歳男性が殺害された事件、千葉では元市議会議員が4人家族に切りかかり6歳の幼稚園児が殺害された事件…そして、イスラエル軍による61名のパレスチナ人虐殺事件…報道。

 (アメフト試合での日大部員による犯罪的悪質プレー…の報道)

 さらには、加計学園問題…等々。

 市民生活〜政治の世界、さらには国際情勢…一体、地球丸はどうなっていくのか…心配です。

 

イスラエル軍によるパレスチナ人虐殺事件では、今日の中日新聞一面トップ記事で、イスラエル治安部隊に殺害された乳児の遺体を抱く母親の写真も報道されています。

 写真では乳児の遺体は、白い布で巻かれていますので、乳児の姿は見えません。

 

日本の報道機関では、何故か…?遺体の入った棺桶や遺体自体の写真は報道しないようです…?!〔ドキュメンタリー番組では、うじ虫でいっぱいの遺体も報道されますが…〕

 

今日のパレスチナ人がイスラエル軍によって虐殺された記事で「この子に罪はない。なぜこんな目に」とあるように、生まれて来る子は、母親・国家を選ぶことはできないのです。

 日常生活時の乳幼児への虐待・障害があることへの差別、戦争による虐殺……いかなる負の連鎖もストップさせなくてはなりません。それが、私たち大人の責任です。さらに、税金・血税に活動させていただいている議員の責務だと思って、私なりに活動させて頂いています。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM