アメフト問題から

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、5月20日:中日新聞〔朝刊〕の31面記事です。

【「日本一光と影】《権力集中独裁者評も

『内田正人監督は、大学の看板スポーツの指導者の他に、約7万8千人の学生を有する巨大学校法人の人事担当常務理事と人事部長の顔を持つ。運動部の予算を握る保健体育審議会局長も務め、ある教授は「独裁者」と皮肉るほどの権限と金が集中した。……。』

 

 そして同日の6面記事【中日新聞を読んで:名古屋大学教授の愛敬浩二氏評】の【選手個人の問題なのか】の一文に↓

『…。アメリカンフットボールについて全くの素人の私がこの問題に興味を持ったのは、問題の選手と監督の関係が、「森友問題」や「加計問題」における官僚と政治家(特に安倍晋三首相)の関係にダブって見えたからである。…。』以上とあります。

 

内田監督の記者会見からは、「責任は自分にある」と言いながら、核心部分「指示したのか?!」になると、「自分の指示と選手の考え方が乖離していた…」との説明。 私はこの行為は犯罪行為だと思っています。責任をとるのなら、日大から去るべきです。

 

実質的には、日大では最も権力を有する方と思っています。記者会見での態度・受け答えを見る限り、日大の中では誰もが、内田氏の指示・命令にはひれ伏したのでしょうが…?! 

 乖離していたのは、内田監督の考え方×世間の考え方だと思っています。

 

愛敬先生は、「加計問題」「森友問題」と政治家(特に安倍晋三首相)とダブって見えた、と評しておられます。それでは、桑名市を含む自治体ではどうでしょうか…?!

 部下が安心して職務に没頭できる体制…?!かは、多くの組織にとってNO2の在り方によって極端に変わるのでは…?!



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM