トランプ時代の合衆国

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、6月25日、毎日新聞〔朝刊〕。左→3面。右→1面トップ記事です。

 アメリカは、多くの移民を受け入れ、多民族・多文化共生国家として、自由・民主・人権主義の下、黒人への差別…等、差別主義を乗り越える活動を通して発展、世界のリーダー的な国となってきたのです。

 自由・平和・人権…そして、貧困から世界の人々を開放するためのリーダーであったハズのアメリカは、トランプ政権になってから、利己的で行き過ぎた「〜ファースト」主義が台頭し始め、白人至上主義がまん延し始めているのです。

 

庭にカギ十字旗ユダヤ人排除」】【ヘイトも表現の自由」】

『庭先には、ナチスのシンボル「カギ十字」の旗がなびく。30州以上に支部を持つ全米最大のネオナチ組織「国家社会主義運動:NSM」幹部の自宅だ。………。

 「世界40か国以上に私の声が届く。ロシアや日本にもリスナーがいる。アクセスが多いのは東欧諸国だ。あそこは白人の聖地だから」。

 

 大統領選挙後もトランプ氏の差別的な言動は止まらず、白人至上主義者を勇気づける。NSMの会員数は2倍以上になったという』以上とあります。

 

トランプ大統領は、アメリカに住むユダヤ人から財政面を含め多くの支援を受けています。さらに、イスラエルでも右派のネタニヤフ首相からは絶大な支援を受けているのです。

 そのユダヤ人を排除しようとしているネオナチの人々から、圧倒的な支援を受けているのも皮肉?不思議なことです。

 

ユダヤ人の人々は第二次大戦時にナチ・ヒットラーによる大虐殺「ホロコースト」事件に遭っています。

あれから60年後には、そのユダヤ人国家のイスラエルが、パレスチナ人を虐殺している現実があるのです。そして、トランプ大統領はそのイスラエルのネタニヤフ首相を全面的に支持している現実があるのです。

〔イスラエル・ユダヤの人々もナチ・ヒットラーに虐殺された時の苦難・苦しみを思い出してほしいと願うと同時に、パレスチナの地への入植政策を止めるべきと思っています〕

 

「〜ファスト」主義は、少しでも行き過ぎると、自分・自国以外を排除・抹殺することにもつながる危険な思想と思っています。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM