枝野幸男、魂の大演説

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、8月11日中日新聞〔朝刊〕 特報話題の発掘 ニュースの追跡」です。

実は、私まだこの本を買い求めていないのです。本屋さんに行ったのですが…。

新聞では、テーマ別にそれぞれの識者の方々のコメントが掲載されています。

定額働かせ放題の制度

高度プロフェッショナル制度』には竹信三恵子〔和光大学・労働社会学〕氏のコメント。

カジノ法』には、ギャンブル依存症研究者の滝口直子〔大谷大学・社会学〕氏のコメント。 

 

豊かな者をより豊かに】 

アベノミクス』には、浜矩子(のりこ)〔同志社大学・国際金融論〕氏の「……。不均等の是正は経済政策の第一の課題。…」とのコメント。

 

モラル崩壊、権力私物化

森友・加計学園問題』には五野井郁夫〔高千穂大学・政治学〕氏の「……。有利に取り計らってもらおうと権力にすり寄る人間が増える。……。」とのコメント。

 

魚は頭から腐る、とも

官僚システムの崩壊』には古賀茂明〔元経済産業官僚〕氏のコメントが掲載されています。

古賀氏のコメントの最後には「…。安倍晋三首相のやり方は王道ではなく、力で押さえつける覇道(はどう)。証拠の文書が出てきても居直る親分の下で、末端の倫理観は劣化していく。」とのコメントが掲載されています。

 

この記事を見て改めて認識したのは、国会は良きにつれ悪しきにつれ、各議員の言動が報道されることがありますが、地方議会の各議員の言動は事件が無い限り報道されることはほとんどありません。

 私は、本議会での私の発言〔思いを含め〕と当局の答弁を要約して、議会だよりで市民の方々にお知らせしています。

ですから、市役所内での発言と市民の方々の前での発言は同じです。

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM