児童虐待 最多13万件

FullSizeRender.jpg

 上記の記事は、8月30日中日新聞〔夕刊〕です。一部は、31日の朝刊にも掲載されていますし、昨日のNHKニュースでも、児童虐待の報道をしていました。

児童虐待 最多13万件】《昨年度面前DV通告増える》《虐待死の77人 4割が0歳児との見出しの報道の中で、私が感じた一部を抜粋します。

『配偶者への暴力で子どもがストレスを受ける「面前DV」が心理的虐待として認知され通告が増え続けている』

 

『今年6月時点で、所在不明の18歳未満の子どもが28人いることを公表した』

 

『半数近くが警察からの通告だった』

 

『無理心中の28人を含め、死亡した子どもは77人(前年度比7人減)で、うちゼロ歳児が4割に当たる33人を占め、1〜5歳が17人、6〜10歳が16人、11〜16歳が9人で、残る2人は年齢が分からなかった』

 

『加害者では「実母のみ」が67.5%と最も多く、「実母と実父」がいずれも11.7%と続いた』

 

『心中以外で亡くなった子どもの母親の半数が「予期しない妊娠だった」と指摘し、妊娠期から支援が必要な母親を早期に把握するとともに、継続的な支援を進める必要がある』 以上です。

 

私は、「戦争と乳幼児童への虐待、そして国家による自然の生態系破壊は許すことができない」と明言しています。何故ならば、抵抗できない・もの申すことができない弱者程、被害を被るからです。また歴史的に見て、自然の生態系が破壊された土地は砂漠化していくからです。

 

2000年から、桑名市でも児童虐待死事件が一年おきに起きるようになりましたので、地区公民館・センターでの「子育てキッズ」事業の必要性を要望し続け、大山田・城南・七和のセンターでの「子育てキッズ」事業が軌道に乗り始めてからは、桑名市での虐待死事件は発生しなくなりました。偶然かもわかりませんが…?!

 

虐待死事件が起こらなくなったことは、偶然かも知れませんが、何らかの「施策」を行えば虐待・虐待死事件は減少することが実例としてあります。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM