ロヒンギャ迫害 高まる批判

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、左は9月4日・右は8月31日の中日新聞〔朝刊〕です。

ロヒンギャ迫害 高まる批判】【「虐殺疑い国連報告】【判決 民主主義への脅迫⇔ロヒンギャ迫害問題の取材を巡り、ロイター通信の記者二人が国家機密法違反の疑いで禁固7年の判決を受けたこと】【スー・チー政権へ増す不信との見出しです。

 

 記事には、

『…。「判決は報道の自由とともに、ミャンマーの民主主義への脅迫だ。私たちは勇気を持って立ち向かう」と、裁判所を去る際、ワ・ロン記者は声を上げた。』とあります。

自らの信念を貫くためには、自らの犠牲をいとわないジャーナリズム精神に満ち溢れた方だと思いました。我が国にもこのようなジャーナリズム精神を持った方は、果たして何人おられるのでしょうか…?!

 私自身、政治家の端くれとして、恥ずかしくなってきます。

 

『…。昨年8月のロヒンギャ武装勢力と治安部隊の衝突後、約70万人の難民を生んだ迫害について、国連人権理事会の調査団は先月、軍主導のジュサイド〔民族大量虐殺〕も疑いで、国際法に基づく捜査を求めた。…。』以上とあります。

ノーベル平和賞を受賞したスー・チー氏は、権力を奪取した後は、知らんふり…?より、色々な理由・御託を並べて…むしろ弾圧する側…?  多くの人は、権力の地位に就くと、豹変する人たちも多いのですが、ここまで「羊頭狗肉」の人とは思ってもいませんでした。自らが権力側に回ると、自らの言動はどうなるのか…は、十二分に分かっていたハズと思うのですが…?!

 ノーベル平和賞をはく奪すべき!と思うのです!!

 

フェースブックにも書いたのですが…。西日本豪雨・台風21号暴風雨そして、北海道地震。安倍晋三自民党政権は、憲法改悪・防衛費〔軍事費〕増額より、減災・防災のためにお金を使うべきです!!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM