多国間主義の危機 深刻

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、10月28日の中日新聞〔朝刊〕の3面記事です。

国際刑事裁 書記局ナンバー2のクリスチャン・マール氏に聞く

『…。トランプ大統領は、アフガニスタン戦争での米兵の戦争犯罪を巡り、国際刑事裁判所が捜査を始めれば判事や検察官に制裁を加えると強くけん制。多国間主義は危機に立たされている。』と前文にあります。

 

ジュリー・アンドリュース主演のサウンド・オブ・ミュージックの舞台となったオーストリアでも極右政党の台頭…、ブラジルでも第二のトランプと言われている極右の大統領の誕生…〔戻りますが〕…アメリカでもトランプ政権…日本でも憲法改悪を公言している安倍晋三首相、日本の首都・東京でも〜ファースト主義を掲げる小池都知事…そして、習近平・金正恩・プーチン氏というように、世界各地で軍国主義・〜ファースト主義・人権抑圧主義・一国主義…の方々の台頭が目につきます。

 

戦争は、貧困問題軸として、エネルギー&領土問題で勃発してきた歴史があります。第二次世界大戦でもブロック経済主義から戦争が勃発しています。

 現在では、貧困を軸として、移民・難民問題に対応するために、人種間問題が起き、〜ファースト主義・一国主義→極右政党の台頭があります。

 

私は「〜ファースト主義」ではなく「Win Winの関係」が個人間・地方自治体・国際関係においても、大切だと思っています。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM