ワイマール憲法の教訓とは

FullSizeRender.jpg

左〔爆弾背負い戦場へ竹やり手に攻撃〕は、琉球新報社の【沖縄戦新聞】の一部です。

右〔ワイマールの教訓とは憲法公布の日に〕は、11月3日中日新聞社説です。

 

ワイマールの教訓とは】《憲法公布の日に

『…。歴代内閣が守ってきた専守防衛の枠を超え、集団的自衛権さえ使う国になった。自衛隊の任務の境界が不明確になった。海外の戦争にまで踏み込むのか。

 

 平和主義を打ち壊そうとしているなら断然反対する。そもそも憲法改正には限界がある。立憲主義も国民主権も平和主義も基本的人権も権力分立も、憲法の根本原理だから改正不能でないのか。

 だが、憲法条文を無力化する方法が別にある。政府が「緊急事態」を宣言すれば、憲法秩序が止まる

輝けるワイマール憲法がわずか14年で事実上、機能停止したのも、この規定「緊急事態宣言」のためだった

 

 ナチス・ドイツ下では「民族と国家防衛のため」を口実に「国家緊急権」が乱用され、保障されているはずのさまざまな自由が奪われ、ユダヤ人の大虐殺も行われた。

 

 ≪国民のためは要注意

 自民党が考える改憲案には「緊急事態条項」も含まれている。…。』以上とあります。

 

ワイマール憲法は、当時としては最も平和で民主的で輝ける憲法でした。ヒトラーも民主的な方法で権力の座を得たのです。平和で民主的な憲法の下で民主的に選ばれたヒトラーが戦争をしかけ、ユダヤ人大虐殺を行ったのです。

 だれがみても、大虐殺を行える状況にはなかったのですが、ヒトラーは行えたのです。それは、「緊急事態宣言国家緊急権」があったからです。

 麻生副総理の「ナチス・ヒトラーに学べ…」とは、まさに、このことを言っていると思えるのです。

 

自民党安倍晋三政権・憲法改正〔改悪〕を支持する方々の中で、「ヒトラーと国家緊急権」の関係を理解している方々は果たしてどれだけの方々がおられるのか…知った上で安倍晋三政権・憲法改悪を支持されているのか疑問です。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM