アムネスティ・ニュースレターから

FullSizeRender.jpg

子どもが人間の盾】《大切な日々、そして未来を奪われる子どもたち

写真の説明には以下の文↓

『コンゴ民主共和国・サカイ地域が、 紛争によって深刻な人道危機に瀕していることをご存じでしょうか。 子の惨状は日本ではあまり報じられていませんが、これまでに140万人以上が家を追われ、世界最大の難民危機の一つにもなっています。 そして、紛争の被害をもっとも受けているのが、子どもたちです』と、前文があり、《地方のリーダーを巡る争い、残酷な暴力の連鎖に発展》《戦闘に駆りだされる子ども 大人の前に立たされて》 《逃げ出しても続く悪夢 家族にも見捨てられ》 以上の見出しがあり、それぞれに状況・現状説明の文章が記されています。 そして、子ども兵士の現状も記されています。

 

日本・日本政府は、普通の国を目指すのならば、軍隊として自衛隊を派遣するのではなく、命を守るため平和外交の使者として位置づけ、治安の安定のために派遣すべき…!と考えます。

 

たまに、「今時の日本人は、平和ボケしている…」と、いった内容の言葉を耳にする時があります。「平和ボケ」の意味の位置づけがハッキリとはしないのですが…。私は、「平和ボケ」できることは、幸せだと思っています。

「平和ボケ」が嫌な方は、南スーダン・パレスチナのガザ地区・シリア・コンゴ…北朝鮮で生活されたらどうでしょうか…?!と、思います。

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM