NO3、種子法廃止を問い直す

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、12月22日中日新聞〔朝刊〕の【考える広場】からです。

飯尾論説委員:Q

『遺伝子組み換えのコメとか麦とかも「(日本政府は)歓迎します」ということですか?

 

山田正彦元農水相:A

『日本市場を狙った遺伝子組み換えの稲も、すでに用意されています。そもそもこの国は、世界で最も遺伝子組み換え作物に寛容な国なんです。

 欧州連合(EU)やロシア、中国の習近平も「作らせない」と言い出しました。ロシアでは遺伝子組み換え作物の輸入も一切禁止されています。

 日本では遺伝子組み換えの農作物の栽培認可件数だけで3百件以上、当のアメリカよりも多い。環太平洋連携協定(TPP)の批准後に承認件数を激増させました。

 

 その上、日本の環境省は今年8月、アメリカ農務省に続いて「ゲノム(全遺伝情報)編集は遺伝子組み換えではない」との見解を出しました。ゲノム編集技術は未知のもの、環境や人体への影響も定かではない。だからEUでは予防原則に基づいて、遺伝子組み換えと同じ扱いをすることになっています。

 

 日本とアメリカは、世界の潮流に取り残された、かなり異質な国なんです。』以上とあります。

 

ミツバチの大量死や失跡の原因が疑われている「ネオニコチノイド系農薬」も農業大国のフランスでは法律で禁止されましたが、日本ではそのままです。

 

食料品の容器に記載されている「遺伝子組み換え原料は使用していない」と記載されていますが…EUで遺伝子組み換えと同じ扱いをされている「ゲノム編集」は認可されている日本…!

 

兵器も遺伝子組み換え食品もアメリカから…水道法改悪もアメリカから…安倍晋三自民党政権の「美しい国・日本」とは、ハゲタカファンドを含むアメリカ資本の利益のために法律・憲法を改悪するこのなのか…?!

 しかし、そのような政治家を選んでいるのは、市民・国民なのですから…?!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM