福島の11歳 100ミリシーベルト被ばく

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、1月22日〔朝刊〕中日新聞 特報話題の発掘 ニュースの追跡》です。

国の研究機関・放射線医学総合研究所が報告政府は確認していない」》《隠したいのバレバレ

福島の11歳 100ミリシーベルト被ばく

『東京電力福島第一原発事故の直後、福島県双葉町にいた11歳の少女が、喉にある甲状腺に推計で100ミリシーベルト程度の被ばくをしていたことが報告、国の研究機関・放射線医学総合研究所の文書から分かった。

 100ミリシーベルトは国などの資料で、放射線の影響でガンが増える目安として使われてきた。しかし、国はこれまで「100ミリシーベルトの子どもは確認していない」と発表し、この報告伏されていた。』と枕詞があり、本文が続きます。↓

 

『…。対象は、避難や屋内退避の指示が出なかった原発から30キロ以上離れた地域。福島県いわき市と川俣町、飯館村で15歳以下の千80人を調べて打ち切った。

 この結果などを基に「線量が少ない」としている。

 

 だが、この数はチェルノブイリ原発事故での被災三か国で測定した合計30万人以上と比べて少なすぎる。

福島県が甲状腺がんの検査対象とした事故当時18歳以下の県民約40万人に占める割合も0.3%でしかない。…。』以上とあります。

 

私たちは、政府・国が報告する数値を過信してきた…?!のではないでしょうか?! 森友・家計学園を巡る数値…そして、現在、報道されている厚生労働省の基礎的データの数値隠蔽からでも分かるように…!!

 

2004年11月4日のPKO活動:イラクでの自衛隊派遣を巡っての民主党の岡田代表×小泉首相との討論で、小泉首相の発言「自衛隊が活動を行っている地域が非戦闘地域…私は、現地に行っていないから知るよしもない…」発言から、数をバックに言った者勝の論法が通じるようになってしまった。

 

2013年9月8日の安倍首相の東京オリンピック誘致発言「福島原発事故での汚染水は、港湾内で完全にブロックされている」発言。原発事故を受けて政府が発令した「原子力緊急事態宣言」は、現在も解除されていないのです。多くの、マスコミはこの現実を報道していない現実もあるのです。

 

2016年4月9日の高市元総務大臣の「電波停止を命じる可能性に言及」発言。この発言から、テレビ報道…NHKでの報道内容は、公共放送から国営放送に近づいて行っているのでは…?!と、感じられるようになってきたようです。

 以上、感じるままに書きました。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM