いつまで続く日銀の「株買い」

FullSizeRender.jpg

上記の新聞は、2019年2月27日中日新聞〔夕刊〕です。以前にもこの問題を書きましたが、国際感覚と乖離してでも自らのアベノミクスを正当化しようとする安倍政権のやり方に「怒り」を覚えていますので…!!

        【いつまで続く日銀の株買い」】

記事の前文には、『日本銀行による「株買い」の勢いが止まらない。金融緩和策の一環で行っている上場投資信託〔ETF〕の買い入れ額は、2018年度に最高の6兆5040億円にあがった。ETFを通じて、日銀が実質的に大株主となる上場企業も増加。市場の「日銀依存度」はさまざまなリスクをはらんでいる。』以上とあります。そして記事には

 

『…。ETF買い入れを導入した白川総裁も「極めて異例な措置」と強調していた。異例が日常化したのは、2013年3月に黒田総裁が就任してから。デフレ脱却に向けて物価上昇率2%の目標を掲げ、黒田総裁は「できることは何でもやる」として、大規模な金融緩和を始めた。…。』《記事にも、2018年7月には、年6兆円超えを容認とのグラフ・記事もあります

 

『…。ETFは売却しない限り手元に残る。日銀のETF保有額は1月末現在で約24兆円。時価で東証一部の約4%を占める。これを売却しようとすると、連鎖的な株急落を招くことは必至だ。株価に影響を与えない程度の規模で少しずつ売却するには80年以上かかとも言われている。厄介な問題の解決策はまだない』以上とあります。

 

この記事の左上の図にもありますが…経済問題にど素人の私自身でも大丈夫?!と思っているのは、→日銀が国債発行額の5割近くを買い占めていることです。

 

この危機的状況を脱するには、少なくても2〜3%以上のインフレ政策が必要なのでは…?! しかし、現実的に日本のような先進国での超インフレ政策は通用できない!と思っています。

 

私自身の感覚ですが…これだけ株高になっても、我々市民には生活のゆとり感がないどころか、年々、生活が厳しくなってきているように感じています。

最近では、格差社会→〔非正規雇用が4割近く〕→階層社会になって来ている感じがしています。

 

日常の出来事・思いはフェースブックで書いています。



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM