NO4、強硬〔戦争〕発言 許す空気

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、5月17日中日新聞〔朝刊〕特報話題の発掘/ニュースの追跡」からです。

※見出しの「強硬〔戦争〕発言 許す空気」の〔戦争〕部分は、私の思いで書きました。

 

軍備増強 まい進する政権🔶極論もてはやす支持層

『…。丸山議員は経済産業省の出身だが、軍事力の強化は経済界に利益を生み出す側面もある獨協大学の西川純子名誉教授(経済史)は「戦争は武器製造などを手掛ける企業を潤す。軍産一体化が進む米国では、待望論があるほど。日本でも成長戦略と結びつけ、軍事大国化を望む人もいるだろう」とみる。

 だが、「日本は武器開発で技術的に遅れている。この領域で他国に対抗していくのは幻想に過ぎない」と強調する。

 

戦争の果てに何があるかは、多くの犠牲が出た先の大戦が示す通り。平和を享受し続けるには、近隣国とさらなる友好関係を築くしかない。改めて今必要なのは、無謀な戦争を顧みることであり、それを無視した発言を許してはならない。」』以上とあります。

 

トランプ大統領は、日本に武器を売りつけるセールスマンで、トランプ大統領から見た安倍晋三首相は、世界で最大の顧客と思っているのではないでしょうか…?!

安倍晋三政権を支持する層〔日本会議のメンバーを含む〕は、「安倍晋三首相は外交に優れている…?!」と言いますが、本当でしょうか…?!

 トランプ大統領が、来日して話題になった項目は「食事会、ゴルフ、相撲観戦…そして、1兆2千億円ものアメリカの武器を買う約束」をしたことです。(儀礼的に、天皇皇后両陛下に謁見した行為は別)

 武器の購入代金は、市民・国民からの税金・血税です!



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM