ブログが故障中です。申し訳ありません。

写真の転送と文字・文書の訂正ができない状態になっていますので書けません。フェースブックで一部を書いています。


ブログが故障中です。申し訳ありません。

アクセスして頂きましたのに、申し訳ありません。現在故障中です。


ブログが現在故障中です。

ブログが故障中です。申し訳ありません。


パレスチナ「天井のない監獄」で夢を追う

FullSizeRender.jpg

 上記の左は、フォットジャーナリズム月刊誌「DAYS japan」の表紙⇒写真の説明には、「家屋が徹底的に破壊された地区を歩くマリアム・ナブハン(9歳)。停戦後10か以上たっても、恐怖とショックでほとんど口もきけない。ギリム通り地区・ガザ北東部」とあります。

私は、この雑誌を開ける前には、神に祈りを捧げてからでないと開くことができません。この世のものと思えないくらい悲しく・悲惨で・残酷な記事・写真があります。

 自分の子ども・孫とリンクしてしまいます。

 

 写真の右は、2018年8月22日・中日新聞夕刊〕の9面記事です。

壁の向こうへパレスチナ自治区ガザ続く衝突、不自由な生活】【天井のない監獄で夢追うとの見出しです。

この新聞記事の右上の写真の説明には、「アハマド・ サワフィリの自宅を訪ね、握手するアタラー・ファユミー。サワフィリの励ましを受け、別れ際には晴れやかな表情になっていた=7月」とあります。

 

励ましたサワフィリ氏とフィアユミー氏の事は記事に掲載されていますので抜粋します。

『…。アハマド・サワフィリ氏(29歳)の左腕、両足はない。18歳の時にイスラエル軍の空爆で奪われたのだ。次女はイスラエル軍とハマスの戦闘下、重病で入院中の病院で命を落とした。…。

 励まされるアタラー・フィアユミー氏の右足は、イスラエル軍の放った銃弾が足に当たり、右足を失ったのです。…。』以上とあります。

 

現在の新聞で、これほど具体的にパレスチナ苦悩の記事が報道されている新聞記事は、少ないのでは?!と、思っています。

8月22日の中日新聞〔夕刊〕記事を読んで下さい。


アナン元国連事務総長の死:早期終戦うたい化学兵器初使用

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、8月19日の中日新聞〔朝刊〕の5面記事です。

左の記事は、『…。反戦への姿勢はかたくなだった。…。イラク戦争を始める前年の2002年9月の国連総会。軍事行動も辞さない構えを明確にした当時のブッシュ大統領に対し、アナン氏は「自衛権行使を超えた武力行使ができるのは国連以外に存在しない」とけん制。米国とのあつれきは強まり。2006年の退任直前までブッシュ批判を繰り返した。…。』

 

右の記事は第一次世界大戦時の化学兵器使用に関する記事です。

 記事の最後のコメントには『欧州で「ザ・グレート・ウオー(大戦争:推計では千6百万人が死亡)」と記憶される第一次大戦は、今年11月11日に終戦百年を迎える。一世紀前の大戦の反省は生かされているのか。』とあります。

 

日本に限って言えば、ノモンハン事件(戦争)の検証・総括もせずに、3年後には、太平洋戦争を始めました。私は真剣に考えれば考えるほど、何故…人間は「色々な理由をつけて、戦争を始めたがるのか…?!」理解できないのです。

 

私は、戦争を始めるための命令を出す責任者(日本で言えば総理大臣)が、第一線・前線に行くべき!だと思っています。

歴史上全ての戦争において、戦争を始める命令を出す人間は、最も安全な場所」×「最初に犠牲になるのは戦地に赴く若者、そして女性・子どもです。

 絶対にオカシイのです!!

 

反戦・非戦…民主主義の言動を行ってくださる著名な方々が、最近お亡くなりになってしまいます。心配です!!


終戦〔敗戦〕の日の新聞から

FullSizeRender.jpg

 記の新聞は、8月16日の中日新聞〔朝刊〕の3面と2面記事です。

右の2面記事には、安倍晋三首相への論票と天皇陛下のお言葉⇒『首相→加害・反省また述べず:先の大戦でアジア諸国への加害責任に触れず、反省や謝罪の言葉もなかった。』

 安倍晋三首相の言葉に対し、天皇陛下は、『「深い反省」に言及。戦後70年の2015年以降、4年続けて「深い反省」の表現を使っている。』以上が記載されています。

 

左の3面記事には、天皇皇后両陛下のお言葉⇒『陛下→反省と繁栄 戦後肯定「…追悼式のお言葉には、時代に応じた表現を変えながら、平和と非戦を願い続けた陛下の思いがにじむ」:元側近は「陛下は戦争の記憶風化に強い危機感をお持ちだった」と話す。陛下は皇太子時代の記者会見で「日本人として記憶しなくてはならない四つの日に終戦の日沖縄戦終結の日(6月23日)、広島長崎への原爆投下日を挙げた。これらの日は毎年、皇后さまと皇居・御所で黙とうする。

 両陛下の気持ちに応えるように、若い皇族も過去を学ぶ。皇太子ご夫婦は9日長崎原爆の日、午後に英国短期留学から愛子さまが帰国するのを待ち、3人で黙とうした。……。』以上とあります。

 

自民党・安倍晋三首相×天皇皇后両陛下の先の大戦への思いが180度違っていることが分かってきます。

 

安倍晋三首相は、3.11の原発事故〔事件〕による被災者の方々が置かれている状況すらを忘れているのではないか…?!と思っ思わざるを得ないのです。

 

私自身も、終戦〔敗戦〕の日、沖縄戦が終結した日とされる6月23日、広島・長崎へ原爆投下された日には、黙とうしています。

また、現在でも時々、伝馬公園や御坊さん付近で、濃い青色のひびが入ったメガネをかけ、耳・足・腕がなかったりした人が薄汚れは白衣を着て、ハーモニカを吹き、弁当箱を前に置いてカンパしている傷痍軍人の方々がの姿を思い出す時があります。


被爆写真 日本でも配布

FullSizeRender.jpg

 上記の写真は、2018年8月16日 中日新聞〔夕刊〕の10面です。

写真の説明には、『ローマ法王フランシスコが、平和の大切さを訴えるために配布した「焼き場に立つ少年」の写真=バチカン提供・共同』とあります。この記事は、2度目です。

この写真は、私・伊藤研司の「議会だより」昨年の12月の議会だよりにも掲載しました

被爆写真 日本でも配布】《核廃絶へローマ法王指示

『…。核廃絶を呼び掛けているローマ法王フランシスコは、昨年末、米軍の元従軍カメラマン故・ジョー・オダネル氏が長崎で撮影したこの写真に「戦争がもたらすもの」との言葉を付けて印刷し、広めるよう指示した。…。亡くなった弟を背負って焼き場に来て火葬の順番を待つ少年について「血がにじむほど唇をかみしめて、やり場のない悲しみをあらわしています」と記した。…』以上とあります。

 

背負われている妹の火葬の順番を待っている少年です。


今日は、終戦(敗戦)から73年目の日

FullSizeRender.jpg

 上記の写真は、左→琉球新報社の『沖縄戦新聞』です。私は数セット買って、自宅・事務所・議会の会派の部屋にそれぞれ置いています。

 戦争の悲劇・悲惨さ・残虐性をいつも忘れないように、時々、その内の何枚かだけですが、ざっとみることにしています。

 

右→8月14日の中日新聞〔朝刊〕の29面です。

遅すぎた終戦工作】【米内:よない:光正の証言録、防衛研保管

この米内光正の言動・証言録に関し、記事の最後に明治大学特任教授・纐纈こうけつ厚氏がコメントを書いておられます。

『天皇制維持のため、国民の犠牲もいとわなかった当時の戦争指導者の無責任さを、分かりやすく証明する資料だ。 昭和天皇による聖断で戦争は終結したが、もっと早く決断をしておれば東京大空襲や沖縄戦、広島と長崎の原爆投下を避けられたかも知れない。 米内光正は確かに終戦工作に携わったが、戦況の厳しさを熟知する軍首脳部として体を張るべきではなかったのか。

 戦犯でこそないが、遅すぎた聖断に関与した人物としても米内にも一定の責任がある』以上とあります。

 

10年位前の正月にNHKで、「日本人は 何故、戦争へと向かったのか」をみました。〔録画してあります〕

その映像で、10月?に開催された御前会議の席にも、陸軍大臣を除いて、日本の戦力から考えてもアメリカの戦争はムリがあると、内心では思っていて、誰かが言い出してくれるのではないか…?!と、期待していたが…。結局は言い出すことが出来なく、12月8日の朝を迎えることになってしまったのです。

 

日本人的な体質⇒「長い物には巻かれろ」「沈黙は金」…「議論することが苦手」「政策議論で意見が異なれば、人格を非難されたと思い込む」「自らの考えより、その場の空気を読む」…等々のことから、その時の権力者の意見に逆らえない…体質、体制翼賛政治体制が敷かれてしまうのでないか…国会でも地方議会でも…?!と思っています

 私は、「塩梅良く」という言葉は好きですが…?!

 

私自身は、「戦争と虐待、そして、国家による自然の生態系破壊」には誰が何を言おうが絶対に反対です! しかし、その他の政策は二元代表制の下、是々非々の立場で議論して、意思表示(採決)をするのが良いとの考えで、それを実行しています。

 そのような私が、何故?「抵抗勢力の第一人者」と噂されている?のかが理解できないのです。

 


特攻隊の虚像「週刊朝日」から 8月17・24日号

FullSizeRender.jpg

 上記の写真は、8月17・24日の合併号「週刊朝日」からです。

特攻隊の虚像】《戦後73年命令された側が明かす自爆攻撃の真相》《志願という名の命令

『…。究極の犠牲精神と美化されることもあった特攻隊の「虚像」が関係者の証言などで明らかになってきた。戦後73年、いまなぜ特攻隊が注目されるのかー。』との前文があり文章が続きます。

 一例を書きます。

『………。奇妙なことに、出撃を命じた側の上官の多くは、出撃の際に異口同音「私もあとに続く」と演説した。けれども言行一致させたのはごくわずか。

「最後の一機には、この富永が乗って体当たりをする決心である」と佐々木さんらをあおった陸軍第四航空軍の富永恭次司令官は配色濃厚と見るや、特攻機にもつけなかった護衛機に守られて前線離脱している。………。」等々、多くの具体的内容が実名で記載されています。

 

私自身、「お国のためならば喜んで死ぬような若者は戦時下でも、ほとんどいないハズ」と思っていましたが、この記事を読んで、私の考えが正しかったことが分かりました。

 

戦争を始める人間は安全な所で命令し、犠牲になるのは若者・女性・子ども達です。そして、微笑むのは「死の商人」と「その仲間たち」です。

 

週刊朝日に掲載されているこの内容は、フェースブックでも一部を書きました。


枝野幸男、魂の大演説

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、8月11日中日新聞〔朝刊〕 特報話題の発掘 ニュースの追跡」です。

実は、私まだこの本を買い求めていないのです。本屋さんに行ったのですが…。

新聞では、テーマ別にそれぞれの識者の方々のコメントが掲載されています。

定額働かせ放題の制度

高度プロフェッショナル制度』には竹信三恵子〔和光大学・労働社会学〕氏のコメント。

カジノ法』には、ギャンブル依存症研究者の滝口直子〔大谷大学・社会学〕氏のコメント。 

 

豊かな者をより豊かに】 

アベノミクス』には、浜矩子(のりこ)〔同志社大学・国際金融論〕氏の「……。不均等の是正は経済政策の第一の課題。…」とのコメント。

 

モラル崩壊、権力私物化

森友・加計学園問題』には五野井郁夫〔高千穂大学・政治学〕氏の「……。有利に取り計らってもらおうと権力にすり寄る人間が増える。……。」とのコメント。

 

魚は頭から腐る、とも

官僚システムの崩壊』には古賀茂明〔元経済産業官僚〕氏のコメントが掲載されています。

古賀氏のコメントの最後には「…。安倍晋三首相のやり方は王道ではなく、力で押さえつける覇道(はどう)。証拠の文書が出てきても居直る親分の下で、末端の倫理観は劣化していく。」とのコメントが掲載されています。

 

この記事を見て改めて認識したのは、国会は良きにつれ悪しきにつれ、各議員の言動が報道されることがありますが、地方議会の各議員の言動は事件が無い限り報道されることはほとんどありません。

 私は、本議会での私の発言〔思いを含め〕と当局の答弁を要約して、議会だよりで市民の方々にお知らせしています。

ですから、市役所内での発言と市民の方々の前での発言は同じです。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM