長崎、73回目の原爆の日 国連総長初参列

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、8月9日中日新聞〔夕刊〕です。

左→11面記事。右→1面記事です。

右下の写真は、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で、献花する国連のグテレス事務総長と、とあります。

 

気になった記事に《夕歩道》があります。

『長崎の平和記念式典が初めて開かれたのは1948年。進駐軍司令官のデルノア中佐が許可した。 同氏関連資料の電子データが先ごろ、母校の米メリーランド大学から長崎原爆資料館に寄贈された。

 

 その式典でのスピーチの原稿には「原爆は人類を破滅に導く無用の長物だ」「二度と使ってはならぬ」と。原爆使用の正当性を信じていた米軍中佐は、被爆地の実態を知って考えを改めたという。』 以上です。

 

 11面記事の下に【核拡散防止条約に署名を】の中で、被爆者代表の田中氏が、全国の被爆者の苦しみを代弁された内容が掲載されています。

『…。全国に移り住んだ被爆者は被爆後10年余り、誰からも顧みられることなく、原爆による病や死の恐怖、偏見、差別などに一人で耐え苦しんだ。…』とあります。…………。

 

 国連で核兵器禁止条約が採決。「道筋が見えてきた。これほどうれしいことはない」被爆者たちの無念が少しでも報われる気がした。

 だが、安倍晋三首相は条約に署名する気をまったく見せない……。以上の記事。
 

桑名市議会でも、2017年12月議会、私が『核兵器廃絶を願う市民の方々からの請願』を、ノーベル平和賞を受賞された核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のサーロー節子氏の国連での演説の内容の一部や、原爆で弟を亡くした兄の思い(中日春秋に掲載)、そして私が子ども時代に見た傷痍軍人の方々の悲惨な姿などから、戦争…核戦争は、勝者も敗者もなく地球そのものを滅ぼしてしまう! 核廃絶は市民・国民の願い!…と、誠心誠意力いっぱい発言しましたが「賛成9×反対15」で反対の理由の発言もなく否決されてしまいました。残念でなりません。

 

賛成が9名×反対が15名ということは、桑名市民の約7割の方々が、核兵器廃絶に反対しているということになってしまいます。

本当にそうでしょうか…?! 私には、多くの市民の方々が核兵器廃絶に賛成していると思っています。

 議会・議員のあり方に疑問を感じざるを得ないのです!


夕歩道から「大本営発表」

8月7日中日新聞〔夕刊〕の【夕歩道】から

 

『8月7日。朝刊は広島が「焼夷爆弾」の攻撃を受け「若干の損害を被った模様」と報じていた。その日午後、大本営は「広島市は敵B29少数機の攻撃により、相当の被害を生じた」と発表した。…。』以上。

 

原爆で亡くなった人たちの総数はこれまでに、31万4千百18人にもなっています。さらに、被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は今年3月現在で、15万4千8百59人の方々がおられるのです。

 

原爆で被害を受け、亡くなった方々の実態は、言葉では表すことが出来ない悲惨さです。また、現在でも多くの方々が原爆の被害で健康を損ねておられるのです。

 

夕歩道に掲載されている広島に落とされた原爆被害の報道内容は、当時の新聞や大本営が、国民の命をどのように見ていたか?!が、よくわかります。

 

安倍晋三自民党政権が、日本を戦争する国にするため、憲法改悪をしようとヤッキになっています。

平和国家日本を守り抜くことが、私たち大人の責務であると考え…私自身の活動の原点であるとの認識の下活動しています。

 

私は、「戦争と虐待」は絶対に許すことができないのです!! その他、お金で解決できることは、「塩梅:あんばい」良くすることでもガマンできますが…?!

 


STORY

FullSizeRender.jpg

 素晴らしい本・雑誌に出合いました。光文社のSTORY:定価820円です。

 

p242〜P245までは【「」「この国で母親力が子どもを戦争から守る!】

日本の未来を良くするも悪くするも、私たち大人の1票にかかっていることを肝に銘じて》《この先の未来、子ども達自身が 平和を選択し続けられるように心を育ててあげてほしい》との見出しで、美輪明宏さんの考えが記載されています。

 

p246〜P249には平和を祈るだけでなく、現状を知って小さくても行動に移す。私たちは非力ではありませんとの大きな見出しで「認定NPO法人 日本紛争予防センター理事長・瀬谷ルミ子さん」。「ファッションデザイナー、国連UNHCR協力委員・渋谷ザニーさん」。「フォットグラファー・桜木奈央子さん」の3人が実践の中での意見・考えを述べておられます。

 桜木さんは、ウガンダで17年間、現地の子ども達(誘惑され子ども兵士として戦闘に駆り出される)の写真を撮り続けておられる方です。

 

定価820円ですが、金額の何倍〜何十倍もの価値がある本だと思っています。

 

今ある平和を守るためには母親の力が必要ですとの見出しで、美輪明宏さんがヨイトマケの唄について、書いておられます。

 ヨイトマケの唄は、私も心打たれる内容でしたが、何故、美輪明宏さんがヨイトマケの唄を歌っておられるのかが、この説明を読んでわかりました。胸が熱くなってきました。「母親の子どもへの無償の愛」を実践されていた母親の行動です。

 このような母親の世の中だと、虐待事件や戦争が起こるハズがないと思いました。

 

お一人でも多くの方が、STORYを手に取っていただけることを願っています!


憲政記念館が危うい:尾崎咢堂

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、7月30日中日新聞〔夕刊〕。右は、尾崎咢堂もの語りの本です。

 立憲主義者であり、死も恐れず藩閥政治や軍国主義と闘い続け、憲政の神様と言われた尾崎咢堂の「玉座(ぎょくざ)をもって胸壁(きょうへき)となし、召勅(しょうちょく)をもって弾丸にかえ、政敵を倒さんとする。」との演説で、桂内閣に迫り、この言葉で桂内閣が崩壊した事実は、余りにも有名な話です。

 

憲政記念館が危うい保存求めシンポ

『…。戦時下、政府は批判的議員を排除し、同調者だけで固めようと翼賛選挙を導入した。尾崎咢堂は首相の東条英機を痛烈に批判するなど、体制にあらがって議会制民主主義の定着に生涯をささげた。

 尾崎咢堂の経歴を踏まえ「憲政が危うい現代だからこそ、記念館を必要だ」との意見も出た。』以上とあります。

 

日本国憲法をも蔑ろ(ないがしろ)にして、戦争する国にまっしぐらに進む安倍晋三政権に誰も異議を唱えない自民党議員の方々。この様な。時代だからこそ、逮捕されても軍国主義と闘い続けた立憲主義者の尾崎咢堂の記念館を取り壊すことには反対です。

 

尾崎咢堂氏が、東京市長時代にワシントンに桜の苗木3千本を送った話も有名です。立憲改進党・尾崎咢堂の選挙区は、三重県の伊勢市を含む南部地区でした。伊勢市には尾崎咢堂記念館があります。名誉館長は、伊勢市長が務めることになっているそうです。


LGBT 子つくらず生産性がない

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、7月25日中日新聞〔朝刊〕3面記事。

 

 現在、インターネット上では、杉田議員の発言が大きな話題となっていますので、杉田議員の発言のごくごく一部を抜粋しました。↓

「…。例えば、子育て支援や子どもができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うということに賛同が得られるでしょうか。

 彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり「生産性」がないのです。…。」以上、杉田水脈(すぎた みお)自民党の衆議院議員(比例中国ブロック)

 

  【LGBT 子つくらず生産性がない】《自民・杉田議員が行政支援に疑義》との見出しで

『…。杉田氏は寄稿で「LGBTだからといって、実際そんなに差別されているものでしょうか」と指摘。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもをつくらない。つまり«生産性»がないのです」と主張。…。自民党の二階幹事長は「自民党は右から左までの各方面の人が集まってなりたっている。人それぞれ、政治的立場はもとより、人生観もいろいろある」として静観する考えを示した。…。』以上とあります。

 

生産性がない人間に税金を使うことに疑問を呈しておられるのです。私は、この思想は、障害者への強制不妊手術をした旧優生保護法、また、相模原のやまゆり学園で園生を「心失者・しっしんしゃ」と叫びながら19人もの尊い命を奪った事件…、さらに、この思想が究極的に行き着く思想は、ナチス・ヒットラーの言動につながるのではないか…?!と、思っています。

 

 それでは、本当に「生産性」がないのでしょうか…?! もちろん、杉田氏が思っておられる「生産性自体」はないかも知れません。生産性で人間を判断すること自体に反対であることを再確認した上で反論します。

 私は、身体、知的、精神に疾患・障害がある方々、および支援施設に25年以上関わっています。この杉田氏の発言知って、改めて認識したのは、全ての人々に生きる権利があり、それぞれの個性・オンリーワンの個性で、この世の役に立っている。人と人とを結びつける役割を担っている、と再認識しています。

 人と人とを結びつけることは、杉田氏の認識とは違った「生産性」があるのです。

 実際、私が議員になった26年前に「最重度の自閉症」と認定されているY子さんの母親と出会わなかったら、現在の私自身・活動はなかったと思うのですから…!

 

二階幹事長の発言です。杉田氏の発言は「右か左の人」とかの政治的立場の問題ではないのです。明らかに、何人であっても犯してはならない「人権」の問題なのです。

 この杉田氏は、名簿順位比例代表トップで選出されている議員なのです。自民党そのものの考え方と思われても仕方のない方の発言なのです。


シリアの子 犠牲・障害7千人

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、7月28日中日新聞〔夕刊〕です。右はDAYS JAPANの2017年5月号です。表紙の説明には、空爆後瓦礫に埋もれていた赤ん坊を助ける男性たち。アレッポ・シリアとあります。

 この男性の方々は、民間救助隊・ホワイトヘルメッツの方々だと思います。この救助隊の人たちを、シリア政権は迫害・殺害しようとしていますので、ヨルダンに亡命しているとの報道もあります。

 安倍晋三政権…自民党の方々は、酒宴をしているヒマがあったら、シリアやパレスチナの現地に入り、〔背広を着ての視察ではなく〕ホワイトヘルメッツの方々と共に活動するべきだと思っています。

 そうすれば、戦闘・戦争の実態…悲惨さ・残酷さを理解でき、平和憲法の大切さも認識できるのでは…?!と思っています。

 

シリアの子 犠牲・障害7.000人】《内戦7年間で

『…。バージニア・ガンバ事務総長特別代表(子どもと武力紛争担当)は、「7千人という数字は確認できただけの人数で、全体のごく一部にすぎない」と強調。7年間で2万人の子どもが犠牲になっているとの報告もあると言及。…。ガンバ氏は「シリアの子ども達が未来を信じ、平和の意味を学ぶべき時だ」…。

 子どもの権利侵害を防ぐために安保理からシリアの各勢力に圧力をかけるよう求めた。』以上の記事。

安倍晋三政権は、トランプ氏に追随しているばかりではなく、平和憲法を携えて、パレスチナ難民・シリアの子ども達…のためにも、外交努力をなすべき!!と思っています。

 普通の国になるということは、アメリカの武器を買って武力増強をすることではなく、世界の難民…子ども達のために活動することです。


手塚マンガで憲法九条を読む

FullSizeRender.jpg

「手塚マンガ」については、数日前のフェースブックでもほんの少し書きました。

 私自身も手塚氏のマンガ「鉄腕アトム・ジャングル大帝・火の鳥・ブラックジャック・ブッダ・三つ目が通る・アドルフに告ぐ」で育った世代です。

 私自身、「手塚マンガで憲法九条を読む」を読んで、手塚治虫氏の少年・高校生時代は、日中戦争〜太平洋戦争という昭和時代の戦争の歴史を歩んでこられたことが分かりました。10代の全てを戦時下で過ごしたのでした。

 

色々とノウガキを書くつもりでしたが、私ごときが書ける訳がないことがわかりましたので、書かないことにしました。

 

 一人で多くの方が、「手塚マンガで憲法九条を読む」を読んで下さることを願っています。

                子どもの未来社 定価1.500円+税

 


年収150万円未満

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、【学童指導員の半数 年収150万円未満】7月23日の中日新聞〔朝刊〕です。

実は、この記事は、学童保育所の指導員の年収の低さに関する記事で、最後には、「国などの補助額を増やし、指導員の待遇を改善すべきだ」とあります。

 私も全く同じ考えで、これまでにもこの問題は言い続けています。また、この問題は「障害者支援施設で働くスタッフや保育の現場で働くスタッフ」にも共通の課題です! 

 市議会議員の私とすると、国の補助金を増やすことは、直接的にはできませんが、実は、国以前に、地方自治体で対処すべき課題でもあります。

 

 桑名市の例で申し上げます

 桑名市の学童保育所の建物は、プレハブ住宅で、中には、建物が小さすぎてギュウギュウ詰めの学童もあります。

学童や障害者支援施設の改善問題を言及すると、当局からは「お金が無い」と返答が返ってきますが、本当でしょうか…?

 

桑名駅西区画整理事業を考えてみます。

 桑名駅西区画整理事業は、本来は「JR近鉄の連続立体と一体の事業」でした。 しかし20年前後前に、鉄道会社側から「連続立体事業の廃止」が申しだされたのです。

 その時に、桑名駅西区画整理事業は廃止し、「道路公園」の整備だけを行えば良かったのです。そうすれば、お金も数百億円も浮き、学校の改築にも十分回すことができ、現在問題になっている小学校のエアコンも整備できるのです。

また、住民の方々も法律に縛られることなく、住宅の改築もできたのです。

 私は当時、本議会でも発言しましたが、誰からも聞く耳を持って頂けなかったこと、相手にされなかったことを鮮明に覚えています。

 

星見ガ丘中学校用地問題もあります。

 この問題は、何年も言及し続けてきました。この問題に言及したのは、私一人だけでした。当時、余りにもしつこく言及し続ける私の発言を封じる策略もあったようです。この問題は、議員生命をかけて言及した問題で、現在でも資料は一部ですが保存してあります。私は、当時、異議申し立てをおこないました。第三者委員会の弁護士の方々からは、「当局側に購入までの資料が保存されていないのには、疑義を感じる」との答弁書も頂いていました。

 この土地を購入したために、現在でも桑名市は困っているのです。

 

現在では、桑名駅東西を結ぶ「自由通路」問題があります

 私は、高度経済成長時代の時なら賛成もしますが、桑名市の経常収支比率が99.2の類似団体の中でも最悪の桑名市が、何故、市民の血税を使ってこのような大型公共事業を行う必要があるのか!! 「教育・福祉・子育て事業に回すべき」と言い続けていますが、ほどんどの議員は「沈黙は金なり」の状態。 6月の本議会でもこの問題を発言したのは、「まちづくり戦略室」の箕浦議員と私のみ。私が会派の代表になっていますので、私は「抵抗勢力」との位置付けのようです。

 私自身、「抵抗勢力」と言われることに誇りを感じています!!

 

まず、地方自治体から声を上げ、次世代を担う子ども達のためにも、現場スタッフの待遇改善を行うべきです。

自治体の予算・お金の使い道は、何十年後に影響…つけが回ってくるのです。

 


文科省カネ握り大学支配

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、7月21日中日新聞〔朝刊〕特報 話題の発掘 ニュースの追跡です。

 

 この記事の中で、築羽大学の千本秀樹名誉教授は「2014年の国立大学法人法改正で、学長の権限が大幅に強化され、大企業経営者ら学外委員を含む経営協議会の発言権が強くなった。いまや教授会には何の権限もなく、大学の自治は事実上ない」

 さらに

「政府方針に反対する文系教員を排除したい政府側の心情が表れた」「競争主義、成果主義がまん延し、定着したせいか、防衛省との軍学研究に対しても若手研究者ほど抵抗感がすくない。危険な兆候だ。」

「日本の高等教育予算は経済協力開発機構(OECD)の35か国中、常に最下位付近。…」以上と指摘されています。

 

地方自治体でも以前は、教育委員会は市長・町長などの首長から形式的に独立した機関でしたが、法の改正で人事権・予算…等々は、全て首長が握れるようになりました。

 

学校教育などの教育内容に影響する教育委員も、首長好みの教育委員を任命することが出来ます。議会の承認が必要なのですが、地方議会の殆どは、余ほどのことがない限り、市長が提出してきた予算案・人事案が否決されることはないのが実態です。ある意味、体制翼賛的政治だと思っています。

 

桑名市でも、工事費だけでも(人件費を除く)総額約100億近く、その内、桑名市負担分(合併特例債・市債を含む)だけでも70数億円の血税を桑名駅自由通路に突っ込み、小学校のエアコン費にはゼロ予算。

 6月本議会で、このことに問題ありとの発言をしたのは、会派「まちづくり戦略室」の箕浦議員と私・伊藤研司の2人だけなのでした。

 

私はフェースブックでも、日常の話題、思ったことを書いています。

 


夏休み短縮し授業増。学力向上につながりますか?

FullSizeRender.jpg

 上記の新聞は、7月20日中日新聞〔朝刊〕特報 話題の発掘 ニュースの追跡からです。

問:夏休み短縮し授業増。学力向上につながりますか?

答:授業時間と相関関係なし。 既に授業日OECD上位。 教育の質 高める工夫をとあります。

 

『…。近年の全国学力テストでは、親の収入や学歴が高いほど学力も高くなると分析される一方、日ごろから本や新聞に親しみ、規則正しい生活を促している家庭の子どもは親の状況などに関わらず成績が良い傾向にあった。…。』

 

『…。公立小学校の教員を23年間務めた教育評論家の親野智可等(おやの ちから)氏は「日本のような多人数一斉授業だと、理解できずに座っているだけの子どもが必ず出る。教育改革が注目されたフィンランドでは一クラス20〜25人程度で、複数担任制や補助教員を採用している。先生を増やし、子どもに合った指導に努めるべきだと述べる。…。』以上とあります。

 

以前からも言っていますが、《「社員が悪いのではなく、全て私が悪かったのでです。…」の発言で有名になった山一証券の破産(1997年)から、学力一辺倒の時代は終わった。これからはそれぞれの個性を大切にしたオンリーワンの教育を目指すべき…。》と私は思っています。

 

確かに、「学力が高ければ高いほど良い」と思っています。しかし、それもオンリーワン・個性の一つです。私自身は、「生きる力」→「生き抜く力」がこれからの時代には必要になってくる、と考えています。

 

小学一年生の児童の熱射病での死…その日・その日の課題・事件…それに対応する私の活動等・日々の活動等については、フェースブックで報告させて頂いています。

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

links

selected entries

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM